最高の無料オンラインライブラリ

イグアナの娘

FORMAT: PDF EPUB MOBI
発売日: 2014年08月25日
ファイルあたりのサイズ: 7,27
ISBN: 0000000000000
言語: 日本
著者: 萩尾望都
価格:無料

読書を楽しむ イグアナの娘 萩尾望都 epub 無料の本

説明:

その日、生まれてきたのはとても可愛い女の子だった。だけどなぜか母親の目には、その子の姿がイグアナに見える…。母と娘の間に横たわる愛と憎しみの葛藤を描いた表題作ほか、両親にスポイルされた少年が人生をみつけるために戻らなければならなかった場所「カタルシス」、アバンチュールへの一瞬の迷い「午後の日射し」、コミックス未収録の短編「帰ってくる子」など6編の異色傑作集。

... 「イグアナの娘」は、菅野美穂主演でドラマ化されている(むしろこちらの方が有名だろう)私も、そもそもこの短編集を知ったのはドラマが先であった。 「イグアナの娘」を自分の物語として読めたということは、少しは自分の葛藤を引き受けれたのかなあと思っています。併録の短編も親子の葛藤の物語ばかりで、どれも秀逸。この短編集は神がかってます。 このレビューは参考になり ... イグアナの娘 (小学館文庫) | 萩尾 望都 |本 | 通販 | Amazon ... ... イグアナの娘 (小学館文庫)/萩尾 望都(文庫:小学館文庫) - 生まれてきたのは、イグアナの姿をした女の子!! 親子の葛藤と愛憎をシュールな心象で描く異色短編集。【商品解説】...紙の本の購入はhontoで。 イグアナの娘 Jp-e : 091913810000d0000000 その日、生まれてきたのはとても可愛い女の子だった。だけどなぜか母親の目には、その子の姿がイグアナに見える…。母と娘の間に横たわる愛 ... 楽天ブックス: イグアナの娘 - 萩尾 望都 - 9784091913814 : 本 ... ... イグアナの娘 (小学館文庫)/萩尾 望都(文庫:小学館文庫) - 生まれてきたのは、イグアナの姿をした女の子!! 親子の葛藤と愛憎をシュールな心象で描く異色短編集。【商品解説】...紙の本の購入はhontoで。 イグアナの娘 Jp-e : 091913810000d0000000 その日、生まれてきたのはとても可愛い女の子だった。だけどなぜか母親の目には、その子の姿がイグアナに見える…。母と娘の間に横たわる愛と憎しみの葛藤を描いた表題作ほか、両親に ... ストーリー:青島ゆりこの目には長女・リカの姿がなぜかみにくいイグアナに見えてしまい、どうしても愛することができずにいた。次女・マミは ... 初めての娘・リカ(菅野美穂)の誕生に喜ぶ正則(草刈正雄)だが、妻・ゆりこ(川島なお美)は沈んでいた。ゆりこの目にはリカがイグアナにしか見えないのだ。やがて妹のまみ(榎本加奈子)が生まれ、ゆりこはちゃんと人間に見える 電子書籍 イグアナの娘 著者 萩尾 望都 その日、生まれてきたのはとても可愛い女の子だった。だけどなぜか母親の目には、その子の姿がイグアナに見える…。母と娘の間に横たわる愛と憎しみの葛藤を描いた表題作ほか、両親にスポイルされた少年が人生をみつけるために戻らなければなら ... イグアナの娘 1巻|その日、生まれてきたのはとても可愛い女の子だった。だけどなぜか母親の目には、その子の姿がイグアナに見える…。母と娘の間に横たわる愛と憎しみの葛藤を描いた表題作ほか、両親にスポイルされた少年が人生をみつけるために戻らなければならなかった場所 ... 出版社内容情報 生まれてきたのは、イグアナの姿をした女の子!! 親子の葛藤と愛憎をシュールな心象で描く異色短編集。生まれてきたのはイグアナの姿をした我が娘。母は娘を、娘は母を愛することができない…。母娘の間の葛藤を描いた表題作ほか、「カタルシス」「午後の日射し ... [ドラマ]『イグアナの娘』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじやレビュー(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。萩尾望都の原作コミックを基に、『富江』の菅野美穂主演でドラマ化された、異色の青春ドラマ。自分の正体がイグアナだと思いこみ、人生に落胆して... イグアナをイジられ… ここで大悟が「観てました、イグアナ」と菅野の出世作『イグアナの娘』(テレビ朝日系)をイジる。この大悟のイジりに菅野はすぐさま、「イグアナの娘です」と娘役の浜辺を紹介し笑いを誘う。ノブからは「違います 1996年4~6月にテレビ朝日で放送されたドラマ「イグアナの娘」。最初は何気なく見ていましたが、回を追うごとになぜか引き込まれてしまい、結局最終回まで観てしまいました。ストーリー等ご存知ない方は下記サイトをご参照下さい。 最近、萩尾望都さんが文化功労者になられたと聞いて、数年前にTwitterでイグアナの娘の感想を書くと呟いたことを思い出しまして。なので、今回はちょっとだけ萩尾望都さんの「イグアナの娘」の感想を呟きたいと思い...